脇の医療脱毛2回目【経過写真付きレポート】痛みに弱い人向け

医療脱毛経過アイキャッチ 美容

長年脱毛をしたいと思い続け、ようやく思い腰をあげました。
いまはじめての医療脱毛に挑戦中です。

今までちゅうちょしていた理由はいくつかあります。

  • 痛みに弱い
  • エステは時間がかかる、医療脱毛は高い
  • 効果があるのかわからない

このような不安もあり、ネットや友人に評判を聞きつつも医療脱毛やレーザーの痛みについて調べまくりました。

そして…ついに!ムダ毛のないツルツルな脇になりたくて、痛みに弱い人が医療脱毛をはじめました。

気になるのは、どのくらいの回数で効果が出るのかということですね。

結論からいいますが、1回でも脇の毛が減ったなという効果はありました。

それでは、痛みに弱い人向けに脇の医療脱毛の痛みと経過の写真(脇の画像あり)のレポートです。

脇の医療脱毛の経過と痛み

それでは2回の施術当日の写真と痛みについてレポートしていきます。脇の写真があるのでご注意ください。

医療脱毛をしたのはクリニックです。サロン脱毛と迷いましたが、周囲の医療脱毛の口コミが良よいのでクリニックで医療脱毛を決めました。

気になる1回目の経過写真

小見出し1-2

脱毛当日の夜の写真です。少し剃り残しのように見えるボツボツ毛穴はレーザーを当てたヤケドのようなものです。

個人差はあるのかもしれないですが、当日や翌日に毛がポロポロと抜けることもあるとのことでしたが少し抜けました。

当日は少しヒリヒリとした痛みと肌がガサガサになったので、クリニックで処方された炎症止めと保湿クリームを塗って保湿。

数日間は肌のガサガサが気になり1日、2〜3回クリームを塗ります。

1回目の痛み

大見出し2

痛みに弱い人からしたら、どれだけ体験談を調べても実際に受けてみないことにはわからないので少しドキドキしていました。

看護師の方が”痛い時はすぐに言ってくださいね”と声をかけてくれたので安心です。

気になる痛みは…バチバチと弾かれるような痛みとコテを押しつけられるような熱さを感じましたが、一瞬なので耐えられます。

むしろ輪ゴムで弾かれたり指をぶつけた方が痛いです。

痛みについて調べていたら1回目が1番痛いという口コミが多かったので、次回はこれよりも痛みが少ないことに期待をして無事終えました。

医療脱毛を受ける時の注意点

どこのクリニックでも事前に説明はあるかもしれませんが、個人的に脇の医療脱毛を受ける時に注意した方がいい点をお伝えします。

  1. 脇の剃り残しがある場合は追加料金を取られる
  2. 下着のまま施術を受けるので脱ぎやすい服
  3. 痛い場合は我慢をせずに伝える

1回目から1ヶ月経過

経過写真は撮り忘れてしまいました…!大失態です。1回目を終えてしばらくしてもポロポロと抜けてくる実感はありませんでした。

しかし毛が生えてくるスピードが明らかに遅くなり、その範囲も小さくなりました。

5割近くは生えるスピードが遅くなり、生えている範囲も減った気がします。

これならあまりお手入れをしていなくても、ムダ毛が気になって腕を出せないということもないですね。

2回目の経過写真

小見出し1-2

2回目も1回目とほぼ同じような写真ですが、施術当日の写真です。

2回目のポツポツが目立っています。

痛みはないので当日は保湿クリームを塗ってケアをしてようすをみたところ翌日には少し伸びていきている毛がありました。

2回目の痛みと経過

大見出し2

2回目の痛みですが、痛みと熱さはほぼ感じることがなく終了です。

今回は毛が減ったせいなのか、それとも施術する看護師さんが前回と違っていたので出力の強さが若干変わったせいなのかもしれません。

2回目終了後の経過は、7割くらいは減ったような気がして毛の生えるスピードは1回目と同じくスピードは遅いです。

脇の医療脱毛の目安回数

大見出し2

脇の医療脱毛の平均回数は、5、6回を目安としているクリニックが多いです。

通っているクリニックでは5回の設定になっています。

この回数で大半の人は毛が生えなくなる効果を感じられるということでしょう。

わたしのように2回目である程度の効果を感じるという人もいるということですね。

3回目で8割はツルツル脇になれることを期待しています。

医療脱毛とレーザー脱毛の違い

大見出し2

医療脱毛とサロン脱毛の違いについて軽く触れておきます。

 医療脱毛サロン
脱毛方法レーザー脱毛光脱毛
施術医師、看護師エステティシャン
施術場所医療機関脱毛サロン

この表のように、医療脱毛はクリニックなどの医療機関で医師や看護師がレーザーを使って脱毛をします。

レーザー脱毛は医療行為なのでクリニックでしか受けることができないのです。

脱毛サロンは、光脱毛を使ってエステティシャンが行います。

医療脱毛とサロンのデメリット

小見出し2-1

医療脱毛サロン
脱毛の痛みが強い効果がでにくい
サロンより料金が高いクリニックより回数が多い

この表のように、医療脱毛、脱毛サロンそれぞれのデメリットがあります。

医療脱毛はサロンでは使えない強力なレーザーで脱毛をするので、人によっては強い痛みがあり我慢をしなければいけない点です。

サロンは光脱毛を使うので、痛みは少ないですが、何度も通わなくいけなくなり結局クリニックで脱毛をすればよかったなんてことも。

何を優先にしたいかで選ぶとよさそうですね。

医療脱毛とサロンのメリット

小見出し2-2

医療脱毛サロン
麻酔が可能クリニックより料金が安い
サロンより回数が少ないクリニックより痛みが小さい

 この表のように医療脱毛とサロンではそれぞれのメリットがあります。

脱毛サロンは、レーザー脱毛なので比較的効果が早く感じられ、少ない回数で終われるのがメリットです。

ViOの脱毛は強い痛みをともなうので、医療脱毛なら麻酔をしてもらえるので痛みでちゅうちょしている人におすすめします。

サロンは光脱毛なので、痛みを感じにくく、医療脱毛よりも料金が安いのが魅力です。

またサロン脱毛は一般的に「SSC脱毛」「IPL脱毛」「SHR脱毛」の3種類の脱毛方式があります。
カウンセリングによって機器を選べるのがポイントですね。

  • 「SSC脱毛」は、制毛作用のあるジェルを塗り、クリプトンライトを照射する方法です。
  • 「IPL脱毛」は光を照射して毛にダメージを与える方法で濃い毛や剛毛に効果があります。
  • 「SHR脱毛」は、”蓄熱式脱毛”とも呼ばれ蓄積させた熱で脱毛をします。1番痛みが少ないです。

医療脱毛のトラブル

肌のトラブル

小見出し2-2

特に医療脱毛ではレーザーが強力なため、ヤケドやシミや湿疹などがおきる可能性があります。

日焼けした後や肌の色が濃い人はレーザーの吸収率が高くなってしまうため、肌トラブルがおきやすいとされています。
また肌が弱い、アトピーの人は医師に相談の上で受けてくださいね。

施術中に少しでも痛いと思ったら前述したように、すぐに施術者に伝えることでトラブルが回避できるかもしれません。

剛毛、増毛する

小見出し2-3

これはうぶ毛やシミなどがある部分にレーザーを照射すると毛が濃く固く、増える現象です。
なぜこのようなことがおきるのか、解明はされていません。

このようなトラブルがあることも脱毛をするうえで事前に知っておくと、カウンセリングのときに慌てずにすみますね。

もし、剛毛、増毛してしまったときは脱毛の予定回数以上の回数や場合によっては追加費用がかかってしまう場合があるので注意してください。

痛みやトラブルに不安があるのなら、家庭用脱毛器やブラジリアンワックス

小見出し2-4

医療脱毛や脱毛サロンでの脱毛に不安を感じるのなら、家庭用脱毛器やブラジリアンワックスを検討してみてはどうでしょう。

家庭用脱毛器はリラックスタイムや時間があるときにでき、脱毛器を家族で共有もできるのが嬉しいです。
脱毛器は高いからちょっと…という方にはブラジリアンワックスがおすすめ。

ブラジリアンワックスは通販やドラッグストアでも手軽に購入できます。

脇の医療脱毛の経過まとめ

医療脱毛は、脱毛が初めてや肌のトラブルや痛みがあったときに、対応してくれるのでおすすめです。

痛みが強い場合に追加料金を払えば麻酔をしてくれるので痛みに弱い人でも安心ですね。

  • 医療脱毛は1回目でも毛の量が5割減る実感あり
  • 医療脱毛の効果は個人差があるが1回、2回目でもじゅうぶんに効果あり
  • 2回目経過、7割くらい毛が減った体感

5回コースなので完了時には完全にツルツル脇になれそうです。

いま全身脱毛コースの予約をするか迷っていますが、vioの痛みに耐えられるかどうか…。

はじめての医療脱毛におすすめなのはカルミア美肌クリニックです。

こちらのクリニックは、厚生労働省認可の医療脱毛機ジェントルレーズプロを導入しており、照射と同時に冷却し痛みを軽減してくれます。
また、テスト脱毛やアフターケアが充実、リピート率が高いクリニックです。

タイトルとURLをコピーしました